庭が最も美しい季節

一年のうちで、山屋の庭が一番美しいのが今です。
というのも理由はいくつかあり、まずは、ようやく宿根草も花木も逞しく茂ってきて、フルメンバーが出揃ったところだということ。それから、バラが毎年ちゃんと花をたくさんつけて咲いてくれる時であったり、キャットミントなどのハーブ、宿根草の花たちも虫たちを誘って華やか(色合いはシックでも)に咲く時期であること。それから、最大のポイントは、原村の朝市(7月半ば~9月いっぱい)が始まる前で、まだなんとか手入れが追い付いている時であること。これで、梅雨の雨が続きバラが惨めになったり、梅雨明けの気温上昇とともにますます植物は勢いよく茂り、それに負けじと雑草も頑張り…そんなこんなで朝市の長距離マラソンが始まって…といった具合に、そのうち手が回らなくなってしまうのが毎年のことです。


昨日は、夕方奈良から友人が訪ねて来てくれました。安曇野方面の家族旅行の途中でほんのひととき寄ってくれたのですが、庭がなおさらキレイに見える西日マジックの時間帯だったこともあり、「よい時間を過ごせた」と、とても喜んでくれて良かった。

*今週末、日曜日の山屋ガーデンブーケ作りワークショップ、まだ空いてます!
お天気はどうやら梅雨空のようですが、豊かな時間を過ごしていただけたらと思っています。
詳しくは、数日前のブログ記事をご覧ください。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です