6月の庭

一年のうちで最も美しい6月の庭。
忙しくてブログにアップもできないまま、6月も終わろうとしています。

年々大きく育っているギンドロ(銀葉ポプラ)のシルバーリーフの
おかげで、全体がソフトな印象に。バックは農家さんの畑。それがまた
借景として奥行きをもたらしてくれています。

なぜか、宿根草のジギタリスがなかなか年を越してくれない山屋の庭。
今年は無事に冬を乗り越え、甘いアプリコット色の花が咲きました。
イングリッシュガーデンには不可欠なジギタリス。フォックスグローブ
(キツネの手袋)という英名。個性的な草姿が目をひきます。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です