三九郎

今月上旬、みぞれの中で行われた信州のどんど焼き‘三九郎’。
無病息災を願うはずが、参加者は皆、横殴りのみぞれに打たれ、
今にも風邪をひきそうな寒さでした。
それでも子供たちは、まゆ玉やマシュマロを刺した柳の枝を持ち
燃え上がる炎に歓声をあげながら、元気に飛び回っていました。

諸事情により、サイトを更新しました。
しばらく落ち着かないかと思いますが、ご理解いただきますよう
お願いいたします。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です