夏休みの思い出シリーズ②
白馬コルチナイングリッシュガーデン
001054

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

私が小さい頃のスキー場といえば、いつでもリフトは大行列。
並ぶ時間が勿体無い!とやきもきしていた記憶があります。
そんなバブリーな時代はどこへやら、最近は週末のスキー場でも
リフトにさほど並ぶこともなくなりました。

064

 

 

 

 

 

 

012

 

 

 

 

 

 

 

 

スキーのメッカであるここ長野県でも、近年は生き残りをかけて?
オフシーズンも盛り上げているところがたくさん。
ゴンドラを利用した天空の星空ナイトツアー、百合やダリアなどの花園、
などなど。その他にも様々なイベントが開催されているようです。
今回訪れた白馬コルチナリゾートは2013年にイングリッシュガーデンを
開園。スキー場の傾斜をうまく利用した約1700坪のお庭です。
039

 

 

 

 

 

 

 

 

イギリスではよく見かける、イネ科植物だけのグラスガーデン。
本場のガーデンデザイン研修で初めて見た時、感激しました。
花がなくても、グリーンの多様な美しさが引き立ちます。

017

 

 

 

 

 

 

 

 

オブジェもおそらくイギリス直輸入。
子供だましではないこんな置物は、なかなか日本にはありません。

045007

038059

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

気になるガーデンデザイナーはイギリス人。
マーク・チャップマン氏は英国内のカレッジで園芸とデザインを学び、
長野県内の英国式庭園のヘッドガーデナーやデザイナーとして活躍。
昨年、雑誌にのっていて、行ってみたい!と思ってから、1年以上。
想像以上に素敵なガーデンで、写真を選ぶにも一苦労。その中でも
小川が流れるウッドランドは、限りなくナチュラルに計算された技が
際立っていました。日本の植物の新たな魅力にも気付かされます。
そしてなんといっても最高の森林浴!身も心も浄化されるようでした。
020027

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

彼のコンセプト
「山の地形を生かして可能な限り多くの既存樹木を残し、景観に合うように
ナチュラルガーデンを創り上げるねらいです。緑の芝生、宿根草のボーダー、
植物たちで埋め尽くされたロックガーデンと壁で囲まれたウォールガーデン等
トラディッショナルなイングリッシュガーデンの要素を含んでいます。5月~
10月にかけて花々が咲きますが、更に興味深くなるようなカラーリーフを使い
コントラストを演出しています。毎年のように成長し続け、より良く変化して
いくでしょう」

 

 

009029

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

ちょっとしたところにもイギリスの香りが。こういう部品が好きです。
スタッフはジーンズにデニムのシャツが制服。つい聞いてみたら、
「ジーンズじゃないとバラの棘で穴があいちゃうんです」とのこと。

まだ開墾中のガーデンや定植したばかりの植物もあったので、マーク氏
が言うように、年々グレードアップしながら四季折々私たちを楽しませて
くれるはず。また来年、そしてその後のお楽しみにが増えました。

Leave a comment

Name: (Required)

eMail: (Required)

Website:

Comment: