この夏の思い出

なんだかんだと忙しく、ブログの更新もなかなかできない夏でした。
ブログのいいところは、自分自身の記録として残していけるところと、何年前の何月にでも、すぐに遡れるところ、それから気の向くままに一方的に綴れるところでしょうか。
最近は「インスタやればいいのに」と期待してくださる方が多いのですが、どうも私には、この二歩も三歩も遅れて綴るテンポが合っているようです。
というわけで、この夏の大事な記録を。(こんな写真、気味悪がる方もいるかもしれませんが!)
以前リポートしたヤゴ(写真左が最後の抜け殻)が見事羽化し、大きな美しいオニヤンマとなって羽ばたいてゆきました!残りの二匹のヤゴは惜しくも羽化の途中で失敗。そんな姿も目の当たりにしたからこそ、より貴重な経験として息子の記憶にも残ったと思います。約2カ月の生き餌の確保や観察は、次第に親の方が夢中になっていましたが、本当に感動的でした。
写真右は、夏休みの課題として選択した木工作品。流木とドイツトウヒのカサ(松カサより大きい)とワタ殻で作った「オオタカ」。短い夏休みの最終日に、どうしても片方の翼にしっくりくる流木がなくて、再度川に拾いに行き、猛暑の中彷徨い歩いたことも、今となれば良い思い出です。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です