三九郎2020

連休中日の12日はこの地方独特の呼び方である三九郎(どん度焼き)でした。
この火で炙ったまゆ玉を食べると、風邪をひかない。
書き初めを燃やすと、字が上手くなる。
三九郎の火にあたれば若返る。
高く火の粉が舞いあがるほど今年は豊作。
そんなふうに言われている火祭りです。
ミカンも焼いて食べると風邪ひかない、と言われていたとか。
手作りのまゆ玉に、マシュマロにみかんに、盛りだくさんの枝もって、
朝からリアカーをひいて松飾りや達磨の回収をした息子も足取り軽く。
無病息災。豊作祈願。今年もよい年でありますように!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です