11 Jahr alt

早くも5月が終わります。
今月は、我が家の愛犬、ジャックラッセルテリアのシュピの誕生日もありました。

SPINAT 本名シュピナート。
ドイツからきたお父さんのポパイと、お母さんのオリーブの間に生まれた女の子。
双子のモモちゃんは、白黒の同じ柄をしていて原村のペンションで元気に暮らしています。
もともと知り合いだったので、幸いにも双子の姉妹には時々会って遊ぶことができ、犬たち
はどうかわからないけれど、幸せそうに思えます。
顔もだいぶ白くなり、若い頃のやんちゃぶりもなくなってきましたが、サッカーボールを前
にすれば、11歳には見えない俊敏さ!ずっと元気でいてほしいと願いながら、鶏の軟骨入り野菜たっぷりの寒天寄せで、バースディーのお祝いをしました。

真冬の水汲み


027
021

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

今年の塩尻は雪が少なく助かったという気持ちと、ちょっと
物足りない気持ちが混在しています。
今は畑にも雪がなく、このままいってくれるのかどうか。
しかしながら長野県の北部では雪が多く、同じ県内でも世界
が違うようです。

022

 

 

 

 

 

 

 

そんな冬には、山へ水汲みに。
意気込んで容器をたくさん持っていく時は枯れていて、
フラッと思い立っていく時に限ってジャンジャン出ている
気まぐれな「女神さまの水」。
近くの落ち葉や枯れ木についた氷がガラスの装飾品のよう。

019

 

 

 

 

 

 

 

 

普段はこたつ犬のシュピも、山や森は若返りのもと。
リフレッシュになりました。

024

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

※2/25(土)2月の山屋リース作り教室、まだ空いてます
※2/19(日)11:00-15:00頃
松本LABORATORIO ちくちくマルシェに出店します。
いつも通り、リースや季節のお花、手編み小物等
ぜひあたたかくしてお出かけください。

2015 夏休み

数週間続いていた酷暑が和らいできました。
朝市期間中、例年原村でノースリーブを着ることなんて2,3回なのに、
今年は原村でも午前中から30℃なる日が多く、いつになくノースリーブ
が活躍しました。今朝は雨ふりの朝市。今後の寒さを連想させるような
肌寒い朝。こうなると、残り少ない2015年の夏をもっと楽しんでおかな
いと、と焦ります。

20150813-115849.jpg

先日、朝市終了後に原村での川遊び。

20150813-120150.jpg

赤ちゃんの時からいつも一緒のこの二人。

20150813-120426.jpg

20150813-120447.jpg

美しい色のトンボに夢中だった息子と帰宅後に図鑑で調べたら
「ミヤマカワトンボ」ではないかということに。
このトンボ、一時間以上も川に潜っていられるそうです。

20150813-120526.jpg

その後、知り合いの炎天下のベリーファームでブルーベリー摘みを。
もう慣れたもので「母さん赤いの入ってる!」なんて怒られてしまいました。
チェックがキビシイ!

20150813-120623.jpg

銀座naganoでのイベントでお出ししたスィーツにも使い、とても喜ばれました。

シャスターデージーとシュピ

何やら怪しい気配がして、よく見てみると…

20150609-070936.jpg

タイムのじゅうたんと、このシャスターデージーの茂みが
お気に入りのシュピナート(8歳・♀・ジャックラッセル)が
素知らぬ顔で座っていました。

20150609-070947.jpg

一年の半分近くが過ぎてしまい、いよいよ梅雨入りです。
自然界にとっては、これからの厳しい夏を乗り切るために必要な
雨なのでしょうね。人間にとっても、夏の前のひと休みの時期。
晴れずにジメジメしているとつい気分も滅入ってしまいがちですが
「今しかできないことをやらなくちゃ!」と自分に言い聞かせて。

20150609-071016.jpg

20150609-071032.jpg

真っ正面から見る、「花」の代表的な姿かたちもいいけれど、
光を浴びたデージーの後ろ姿に惹きつけられました。

シュピとサッカー

Spinat シュピナート(通称シュピ)ジャックラッセルテリア 7歳 ♀

20150203-124723.jpg

短毛のせいか極端に寒がりで、冬はヒーターの前又はコタツの中
にばかりいます。雨に濡れるのが嫌いで、外でしか用を足さない
くせに雨降りだと抵抗して外には行かないけど、雪はいいみたい。
寒さも忘れて野うさぎのように飛び跳ねて、大好きなサッカーを
しようと催促します。

20150203-124804.jpg

もともとイギリスの猟犬で、馬に乗って狩りに行く時に脇に抱えていける
大きさ。よくイギリスの古い絵画に馬と共に描かれていたり、牧場で飼われ
ていたりします。また穴熊やネズミ、キツネを獲る犬で、穴から引っ張り出
しやすいようにしっぽを短く切るという説も。
(シュピはドイツから飛行機で連れて来たお父さん、お母さんの子供として
知人宅で生まれた双子のうち一匹をいただいたので、ネコみたいなしっぽ。)
まぁとにかく元気いっぱいで、動くモノには本能的に追いかけてしまうので、
ノラ猫でも、郵便屋さんのバイクだろうと(困ったことに)凄まじい勢いで追い
かけていきます。

20150203-124754.jpg

山がまるで紅葉しているみたいに、西陽に照らされていました。
ほとんど足跡のない平出遺跡では、夜に車で通りかかると
キツネが横切ったり、可哀想に家の向かいの田んぼで毎年
キツネがはねられて死んでいたり。
駅やインターも近いのに、とても自然豊かな塩尻です。

1月の雪あそび

先週降った雪がなかなか溶けず、毎日冷凍庫にいる様な寒さです。
今後も週に一度はカミ雪(上雪。春が近づく頃に降るまとまった雪。
北信エリアを「下」,中信エリアを「上」という説もあり、水分が
多く雪かきが大変であっという間に積もってしまう。)が降る予報。
積雪の度に交通機関が乱れたり、あちこちで事故が起きたりと様々
な影響はあるものの、静かな‘白の世界’には全てが美しく覆われて、
心まで浄化されるかのようです。
色とりどりの日本の家々も雪をかぶれば外国みたいな景色。
私にとって、雪のない冬は考えられません。

20150121-123618.jpg

庭の白山吹の黒い実にも雪

20150121-123841.jpg

どうやら大きな魚が釣れるそうです。

20150121-123713.jpg

犬と子ども、それから私も雪あそびが大好き!
寒さも忘れて。

20150121-123730.jpg

栗拾い

栗がとれました!
‘栗狂い’と言ってもいいくらい、栗が好きな私。
秋が好きな理由のひとつは、‘栗’にあるかもしれません。

20141012-080042.jpg
この艶やかでぷっくりした栗の実と、
まだ鮮やかなグリーンのイガ、
スリムな葉っぱ。
申し分のないバランスで、ザルに入れただけでも美しい。

20141012-080314.jpg

仲良く並んでしゃがんでいるのは、
栗好き息子と栗のイガにじゃれるのが大好きなシュピ。
「全然言う事を聞いてくれないよぉ!」と
嘆きながらも、一粒一粒栗の実をイガから取り出して
満足げに持ってきてくれました。

栗好きにも歴史アリ。
1歳6ヶ月の彼。
スイスの焼き栗も毎回奪い合いでした。

20141012-080946.jpg

20141012-081002.jpg

秋〜冬は街に行けば、焼き栗屋さんに会えます。

20141012-081045.jpg

10日過ぎて…

あちらこちらで「あれは災害」「100年に一度」などと耳にするあの大雪から
10日が過ぎました。
先週いっぱい、大雪の影響によりゴミの収集がなかったり、卵やパンをはじめ
スーパーの商品が乏しかったり、主要道路以外の道の除雪作業の為、どこでも
小さな通行止だらけだったり、異常事態は続いていました。
やっと今週に入り、ゴミの収集や地域バスの運行が再開され、家の前の道路も
重機が入って除雪してくれたおかげで、普段通りの対面通行ができるようには
なりましたが、まだまだ小さな路地や公園の大半は膝上ほどの雪が残ったまま。
自転車、歩行者、犬の散歩などは必然的に制限されてしまいます。
大きなグラウンドや公園は雪捨て場となり、ハーフパイプが簡単に作れそうな
巨大な雪山がそびえ立っていて、重機が朝から晩まで作業しています。
2月も終わるというのに、朝の冷え込みは氷点下10℃前後がずっと続いていて、
雪や氷の固まりがなかなか解けません。

キッチンの窓からのベストポイントに、毎冬リンゴを刺している低木まで
自分一人で小径を作ると張り切っていますが、未だに工事中。
見てない間に、こっそりほんの少しずつ手伝っています。

20140225-225723.jpg

20140225-225741.jpg

家の裏手にはグレードアップした滑り台を。

20140225-225824.jpg

平出遺跡もこの通り!

20140226-101814.jpg

脚の短いシュピは走り回れる場所もなく、運動不足に。

20140226-103139.jpg

20140226-103217.jpg

高床式住居は彼のお気に入り。

20140226-103300.jpg

20140226-103342.jpg

20140226-103355.jpg

Tokyo

しばらく実家に行っていました。
東京の冬は、塩尻の秋くらいの寒さ。厚手のコートは必要ないほど快適です。
人間同様、植物たちも快適な様子。最近は個人宅、マンション、会社やショップ、どこも
植栽がすごくオシャレになったように感じています。
もちろん、氷点下になることがほとんどないわけですから、冬に生き生きしている植物の
種類も豊富!車で走っていても、シュピの散歩をしていても、植物に目がいってしまいます。
特に感激するのはオリーブ。私は昔からオリーブの魅力に惹きつけられていて、中学生の時、
「スペインのオリーブ畑で働きたい!」と突然思い、夏休みの自由研究でスペインについて
調べたほどでした。大人になってからは、なんとしてでも東京を出て、自然に囲まれて暮ら
したい!と思った時、第二候補地は小豆島でした。小豆島は、日本で唯一のオリーブ産地。
未だ、訪れたこともない場所ではあるけれど、今の暮らしにはない魅力的な海+オリーブ。
いつか旅してみたいと夢を抱いています。
松本のラボラトリオさんの店先にはオリーブの鉢植えがあるし、塩尻のレストランの庭でも
大きなオリーブが育っていますが、それはごく稀なこと。大好きなオリーブを諦められずに
山屋でも何度かチャレンジしましたが、この家の寒さでは生き残れない、憧れのオリーブ。
そんなオリーブがお庭の立派なシンボルツリーになっていたり、レストランの店先に茂って
いたり、冬でも寄せ植えやお庭の植栽が美しい。そんな都会の光景は素敵だな、と思います。

そして、山屋に帰宅すると、連日氷点下10℃ほどの寒さ!
土間にしまっておいた寄せ植えも凍みてしまったものがあったり、花を生けてあった家中の
花瓶の水が凍りついていたりと、冬こそ留守にできない山屋です。

20140112-205210.jpg

20140112-205236.jpg

20140112-205302.jpg

いつでも本当にいいコンビ!

20140112-205314.jpg

20140112-205325.jpg

10月のお散歩

P1053352.jpg P1053354.jpg P1053315.jpg P1053274.jpg

いつのまにやら、今年も残り2ヶ月!困ったものです。

今週末の三連休には、いよいよ‘八ヶ岳クラフト市’を控え、焦りやら不安やら… なかなか思うように作品づくりも進みません!
それでも、冬が長く寒い信州での野外イベントは、今月がリミット。10月も盛りだくさんでバタバタですが、ひとつひとつを噛み締めるような気持ちでいます。
さて、ここ数日は全国的にも異常な暑い一日でしたね。各地で真夏日更新記録がでたり、塩尻でも最高気温が29℃!不思議な10月の夏の日でした。朝のお散歩もすでに暑かったけれど、寒いのに比べたら、心身共に軽々! ありがたいです。
いまにもこぼれ落ちそうな大きな栗の実や芸術的なワラの山々を横目に、毎日息子はあちこち寄り道して、花を摘みながら、小さな野の花ブーケを作っています。今年はいつまで花が摘めるかなぁ