ようやく

クリスマス~お正月飾りの制作やワークショップ・マルシェの怒涛の日々が終わり、
慌ただしい年末年始も過ぎ去り、一年のうちでも、ほんの少しだけゆっくりできる時期です。
毎年、年の暮れにお誕生日を迎える方へのプレゼントで、フレッシュリースを作っています。
今回は、ワイン、淡いピンク、濃淡のムラサキなどの花を散らしたケーキのように仕上げました。

*お知らせ*
今年最初のマルシェ。1/19(日)11-15頃
松本LABORATORIOさんでのマルシェです。
あたたかくしてお出かけください!
皆様のお越しをお待ちしております。

Frohe Weinachten 2019

盛岡のフレンチ‘シェ・ジャニー’さまへクリスマスプレゼントのご注文をいただきました。
ハーブがご希望だったので、変わった大葉のセージやユーカリ、ダスティミラーなどを使ったシンプルでありつつボリューミーなリースを。blogにのせてくださった通り、味わいのある木のドアにピッタリ!こういったひとつひとつのモノ作りを通した感動や出合いがやりがいを与えてくれます。一度はお訪ねしないと!

DSC_5467 (640x420)

辰野トビチマーケット

12/7(土)に行われたイベントの様子です。
「南信州・辰野町の下辰野商店街の空き店舗が、ワクワクするお店に変わる1 日限定のマーケット!空き地・空き店舗16箇所を使って、おしゃれで素敵なお店が、日本中から50店舗以上が大集合します!ご飯屋さんや雑貨屋さん、本屋さんにクラフト作家さん。cafeに服屋さん。この町がこんな風だったら面白い、をみんなでつくる。それが 10 年後に実現していることを目指して。」ということで、普段シャッター通りの商店街が、これほど活気づいて楽しい場になるとは驚きでした。またこれを機に、辰野がどんどん面白くなってゆくのだと確信しました。次のイベントが楽しみです!

Michishita Cafe フレッシュリース作り

12/6,7の二日間今年で5年目になる松本Michishita Cafeさんでのクリスマスフレッシュリース作りの様子です。うっすら雪化粧の中、ジムニーに花材を詰め込んでいざ出発!

カップ咲きの甘いアプリコット色のバラ‘キャラメルアンティーク’やフリンジが可愛らしいスプレーバラ‘アンティークレース’、個性的なグリーンのスプレーバラ‘エルヴァレンジ’の他、シルバーブルニア、ビバーナム・ティヌス、ポポラスベリーなど

今年はヒンメリ作家さんの展示会期間中で、得した気分!
感覚人間の私には真似できない美しい作品たちでした。

ドリンクとリースとのショットが素敵で、この場はみなさんの撮影タイムに!本当に、ミチシタさんのお店の雰囲気とこのフレッシュリースがピッタリとよく似合って嬉しいです。ワークショップに参加していただいた皆様、ありがとうございました!
昨年に引き続き、お店のシンボルの鹿の角の下に特大リースを作らせていただきました。


 

Christmas Market 信毎メディアガーデン

東京でのワークショップの翌日は松本信毎メディアガーデンでのクリスマスマーケット。かなりのハードスケジュールでしたが、やはりクリスマスマーケットはなんだかワクワク楽しいものです。当日はお天気は良いものの強風で、どの店舗も商品やお金が飛んでしまったりてんてこ舞いでしたが、昨年より店舗数も増え、お陰さまでにぎわいました。お越しくださった皆様、ありがとうございました。

スイスやドイツのクリスマスマーケットの思い出。
もう10年以上前のことになっても、色褪せない記憶。
あの雰囲気が、あの時の空気が、きのうのことのようです。

松川パン商店2019クリスマス

今年で十周年を迎えた東山山麓線の道沿いにある真っ赤なドアの可愛いパン屋さん。
もう何年も、毎年この時期にリースやスワッグ、カレンダーを展示販売していただいていて、赤いドア用のお任せオーダーリースも、毎年少し変えて作らせていただいています。
店主の松川さんは、店内のクリスマス装飾をしてもらっているようで嬉しいと言ってくださり、私はこのお店に飾らせていただき、ちょっとワクワクして見てくださる方やパンと一緒に買ってくださる方がいたら嬉しい、そんな思いでいます。24日~27日(26日は定休日)お正月飾りも納品します。数に限りはありますが、ご興味ある方はぜひご覧ください。

*お正月飾りの販売は松本LABORATORIOさんでも24日~販売予定です。

日本のSWISS

同期でスイスの農業研修に行った友人が神奈川から地域村おこし協力隊としてやってきて、この景色に惚れこんでしまったのもわかります。長野県長野市七二会村(なにあいむら)。良いご縁があって、山の上のこんなロケーションのもとご主人と暮らしている彼女を先月訪ねました。

庭先にある果樹の‘ポポー’はアメリカ東海岸原産のバンレイシ科の果物。
英名はカスタードアップル。バナナとマンゴーをミックスしたような不思議な果物です。日本には明治時代から栽培されていたとか。一見南国風の姿ですが、-30℃まで耐寒性があるそうで、長野でも育つわけです。葉っぱもビロードのような肌触りで美しい。右は花豆。彼女は雑穀や黒豆など無農薬で栽培し、オリジナルのお茶を作っています。時の流れが違うようなこの村の世界、また雲海を眺めに行ってみたいと思っています。

*昨夜、松本LABORATORIOさんに、追加のクリスマスリース・スワッグを納品してきました!
フレッシュな感じはやはりひときわ美しいので、ぜひご覧ください

今年最後のマルシェ

今週末12/15(日)は松本LABORATORIOさんでの今年最後のマルシェです。
山屋クリスマスワールド全開で(写真は先月のマルシェの様子)お待ちしています。活版印刷&自宅で撮った季節ごとの写真で作る定番のオリジナルカレンダーも持っていきます。

今年は15日ということで、お正月飾り(松や南天などの自然素材をつけるため)に早いかなと思っています。クリスマス頃~ラボラトリオさんに委託販売していただくものをメインに考えていますので、よろしくお願いいたします。また納品したらお知らせします。


クリスマスのマルシェ。作りたいものは(構想やアイディアも)いっぱいあって時間と手が足りないのが毎回もどかしいのですが、いくら寝不足だろうと、作っている間もなんだか心ワクワク楽しくなる不思議なクリスマスマジック!針葉樹の香りのせいでしょうか

Dezember 12月

さて、12月です!
令和元年もあと一ヶ月で終わり、またひとつの節目2020年がやってきます。
相変わらず、目の回るクリスマスシーズンをなんとか元気に飛びまわっております。先週末は東京でのワークショップ、松本でのクリスマスマーケットと、怒涛の二日間でしたが、無事に乗り切れホッとしてます。

12/7(土)10:00-15:00はトビチmarket。
塩尻市の隣町の辰野町にて一日のみの商店街マーケットが開催されます。
「辰野町の空き店舗がワクワクするお店にかわる一日限定のマーケット」
とても興味深く面白い企画。シャッター商店街の空き店舗に県内外あちこちからお店が集まります。garden山屋は、箕輪町の美容室ROOM CHICORAさんのお店にて委託販売させていただきます。ラスト一時間くらいはお店に立ちたいと思っています。ぜひ遊びにきてくださいね

*今年もgarden山屋オリジナル卓上カレンダー販売しております。(写真は今年の11月のもの。松川パン商店さん、ペンションわれもこうさん各マルシェにて販売中です)
*ミチシタカフェさんの12/7(土)AMのフレッシュリース作りワークショップ、まだ空きがございます。
*山屋のクリスマスリース教室は満席となりました。ありがとうございました。
*クリスマスリース、スワッグは、松本大手LABORATORIOさん、松本中山松川パン商店さんにて販売していただいています。
*今年ラストのマルシェは12/15(日)松本ラボラトリオさん11-15時です。クリスマスのものやカレンダー持っていきます!

申し込み状況のお知らせ

松本のカフェMichishita Cafeさんでのフレッシュリース作りのご案内

12/7(土)AM のみ2名空きがございます!
詳細、お申込みはMichishita Cafeさんまでお願いいたします。

◯クリスマスリースの会

恒例のクリスマスリースの会のご案内です。

日時 :
①12/6(金) 9:30〜11:30 🈵
②12/7(土) 9:30〜11:30 (残席2)

参加費:¥7,000(講習費 材料費含む お飲物付)
講師:山村まゆさん(garden山屋)
お持物:花ばさみ
定員:8名
レッスン場所 : Michishita
.
.
[お問合せ&お申込]
ミチシタへお願いします。
お名前、ご連絡先(携帯&メールアドレス)
①②のどちらかをお知らせください。
0263-87-3926
michishitalabo@gmail.com
.
.
★お申込をいただいてもこちらからのお返事が届かない場合があります。
PCからのメール受信を拒否されていらっしゃる方は、michishitalabo@gmail.comを解除していただき受信可能にしてくださいますようお願いいたします。
★お子様連れの参加は不可とさせていただきます。
★ワークショップの前日、当日のキャンセルは受講料の全額を申し受けます。どうぞご了承くださいませ。

✳︎こちらのフレッシュリースは、ポイントの花を挿し替えていただいたり、リボン水引にしてお正月バージョンにしたいただいたりと水を切らさないようにすれば長期間お楽しみいただけます。春までフレッシュで持たせ、その後はドライで一年間飾ってくださる常連さんも!