山屋野鳥の会②

前回に引き続き、山屋に集う野鳥の様子です。
今度は純和風の前庭。
ガラスが割れてしまったキャンドルホルダーが、まるで鳥たちのためにあったかのような優れもの。雪や雨でも安心の屋根、中心のキャンドルをはめるところには、不安定なリンゴや洋梨も安定、大きさも丁度いい。


ヒヨドリの食欲といったら!
あっという間に小ぶりの洋梨一個食べつくしてしまいます。2羽で飛んできて、代わり番子に少し離れた位置で見張りをしたり、ケンカしたり、見ていて飽きません。


こちらはツグミ。絵に描きやすそうな柄をしてます。
ヒヨドリとは正反対。時々啄むものの、何を考えているのか、卵を温めているみたいにジーっと動かずに姫りんごに乗っかっていたり、長時間居座っていることか多く、のんびりしています。

前回撮って、名前がわからなかったこちらの鳥は、調べてみたところ“シロハラ”のようです。スズメ目ツグミ科ということで、ツグミ同様おっとり系。

その他には、集団で図々しいムクドリ、我が家では通称“黒ヘル族”の長い尾が美しいオナガ、一年中庭をうろついているハトなど10種弱の鳥たちを身近に見ることができます。オコタにあたりながら、雪景色と野鳥観察。真冬のささやかな贅沢です。

 

山屋野鳥の会①

2月に入ると、自然界はいよいよ食糧難になるのか、野鳥が山屋に集まってきます。

こちらも、それを知っているので、さんざんディスプレイに使ってシワシワになってきた姫りんごや、飾り用格外洋梨など、前庭と裏庭の定位置に置いておきます。リンゴを剥いた皮や芯も、息子がキッチンの窓から豆まきのように勢いよく投げると、もう木の上や遠くから鳥たちは見ているようで、ピーチクパーチク!

今日はじめていらしたお客様に大興奮! 美しい緑色の小さなこの鳥は、ウグイスかと思いましたが、調べてみると、メジロ。確かに体のわりに白目が大きくて可愛くて、愛嬌があります。

こちらは、私が一番好きなヒヨドリ。
椿の花の蜜や果物が好物で、食べ物がなくなると、集団で花壇の葉牡丹に寄ってたかって突っついたりと、害もありそうですが、このバランスの良い容姿と、可愛らしい顔立ち。たまに、ワックスで整えたかのような粋なヘアスタイル?の子もいてなんだか面白い。毎日訪れ、キッチンの窓のすぐ側まで近づいてリンゴを食べたりと、警戒心は弱いようです。

他にもまだ数種類訪れる鳥たちがいるので、またご紹介します。

 

 

毎年恒例

もう一カ月前のことになってしまいましたが、
毎年恒例‘山屋餅つき大会’を今年もやりました。
大人7名、子供4名の計11名。
男性陣は薪ストーブに薪をくべながら静かにおしゃべり。
女子供はバタバタ慌ただしく賑やかに!

年末はどこの家も忙しいので、新年落ち着いてからやるのが
最近のスタイル。7歳にして餅つき歴8年目の彼らは、すっかり上手に
なり、腰を入れてペッタンペッタン良い音を連発していました。

お友達ファミリーがおばあちゃんの家から譲り受けた
可愛らしい臼と杵など道具一式を持って来てくれます。

寒い山屋も大勢人が集まり、暖房フル稼働でワイワイ楽しく
過ごしていると、身も心もポッカポカに。
ちぎり餅の鶏団子鍋、きな粉、あんこ、おろしとよりどりみどり。
午後16時頃まで続いたお餅つきに、皆夕飯も要らない程満腹でした。

山屋クリスマスリースWSの様子

先月の山屋でのクリスマスリース作りの様子です。
明日は東京・神田駿河台のエスパス・ビブリオさんでのワークショップ。
来週末までワークショップが続きます。
LABORATORIO1さん、松川パン商店さんへの追加納品もしています。

006010

古民家でのワークショップは、ちょっと寒いですが、それなりに
落ち着いた雰囲気。何より、ホームグラウンドでの作業は精神的
にも落ち着きます。
頑張って大作を仕上げた後は、リンゴのタルトでティータイム。
今年のエスパスさん用の大きなリースは「華やかに」とのオーダー。
004017

来週のクリスマスリース作り、まだ空きがございます。

12/13(水)
まちなかアトリエ(源池設計室:松本)
お茶・お菓子ツキ お一人様5500円 定員5名
お申込み受付は源池設計室さんまでお願いいたします。

SWISSからの贈り物

以前ファームステイしていたスイスの家族から、クリスマスの贈り物が
届きました。見たこともないような可愛いお菓子のお家。
クリスマスまでの日々を噛みしめながら開いていくアドヴェントカレンダー
は浸透してきていますが、そのお菓子バージョンなんて感激!
有名なスイスのお菓子屋さんのミニチュアの焼き菓子やキャラメル、チョコ
が日付の引き出しの中に入っていて、息子の毎朝のお楽しみになっています。
厚みのあるお家で、半月経ったら反対側へ。大人もワクワクしてしまいます。

019026

庭の花がなくなって、もうしばらく経ちますが、やはり買ってきたお花は
なんだか味気ない。先日職場で片づけたイチゴがあまりに可愛くて、束ねて
飾りました。塩尻産食べても美味しいミニリンゴ‘プロピーナ’ともぴったり!

今朝も雪が舞う塩尻ですが、こんな心温まるモノたちに囲まれています。

027029

山屋の秋②

霜が降り、週間予報にもちらほら雪マークや氷点下の数字が登場する
季節となりました。

100092

左:自然樹形が美しく葉っぱの色や形が優しいカツラの木は、10年前、
ここに暮らし始めて間もなく、ひょろひょろの一本の苗木を植えたもの。
月日の流れを感じます。
右:ブラックベリー

095

四季成り性のラズベリーは一年に二度楽しめます。

090

山椒の実は、可愛らしい秋色。

山屋の秋①

いつも忙しすぎて見過ごしてることが多い、山屋の紅葉です。

116088

ついつい、ちょっと特別な何処か美しい紅葉スポットに惹かれがち。
遠くの山や、ドライブしながら眺める景色、ちょっとした非日常。
必死で追いかけなくても、ふと足元に目を向ければすぐ目の前にある
季節ごとの景色。四季があるって素晴らしい。

086087

ウィークエンド

今週末は八ヶ岳まるごと収穫祭
このところ週末好きな台風たちに、振り回されがち。
収穫祭もどうなるのか不安が募ります。

 

010009

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

先週末も、本当はプライベートワークショップの予定でしたが、
台風のため、中止になってしまいました。
ランチ・お茶ツキだったので、珍しく(人のために作ることが
ほとんど)我が家にお菓子やパンがあふれていました。

二度と作れない配合の、ふかしたサツマイモを練り込んだ
さつまいものパンと、オーヴンで2時間以上かけて焼き上げる
タルトタタン、イチジクのタルト

Garden&Garden winter 2017

10/16(月)発売のGarden&Garden 10月号に載せていただきました。

 

011

先日も触れた、お庭の雑誌の密着取材。6頁におよび、沢山の写真と
共に、簡単なお料理レシピほか、山屋ライフを紹介しています。
なお、今後一年間の連載(1・4・7・10月発売の季刊誌)1頁のお仕事
もいただきました。

 

013

「山村生活だより」
山村より里山では?それとも名字の山村にかけた?
編集の方に確認したところ、後者が正解でした。

015

8月のガーデンランチ

先月、お庭の雑誌の取材がありました。(詳細はまた後日)
悪天候続きと目の回る忙しさで、庭も畑も家の中もめっちゃくちゃ!

恐る恐る前日に、再度取材内容の確認をしてみたところ…
今回(前回5月に打ち合わせにいらっしゃった時にも少し撮影)は、
お料理を作っているところも撮りたいので、ぜひキッチンに入らせてください、
とのこと。
それは一大事!ということで、前夜というか当日というか、数時間睡眠での
キッチン掃除。出版社の方が見えた時も、タンクトップに手ぬぐいハチマキ、
汗びっしょりの恐ろしい姿でのお出迎えで、さぞ驚かせたことでしょう。

078069

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

ともあれ、始まってしまえばこっちのもの!度胸だけは鍛えられているので、
マイワールド全開で、いつの間にかてんやわんやの状況はどこへやら。
料理の途中で、カメラマンさんを炎天下の畑に連れ出し、野菜やハーブを収穫
したり、クーラーのないキッチンでアツアツのオーブン料理など次々仕上げて
みたり。こんなに密着されたのは初めてでした。

079075

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

イチゴのハニーシロップ・赤パプリカの冷製ポタージュ・黄パプリカのマリネ・
トマトの夏サラダ・とれたてのカラフルちびっこじゃがいものオーブン焼き・
ズッキーニの肉詰めオーブン焼き・インゲン豆の蒸し煮・カボチャのプリン

076083

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

奇をてらったものはなく、我が家の夏の定番おもてなしメニュー。
半分以上がスイスの野菜農家で習ったお料理です。
山屋産、塩尻産の夏野菜がふんだんにとれる時期ならではの贅沢。

101096

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

ほんとはもっと!の欲張りな性格。
たとえばメニューを書いたり、もっと素敵にできたはず、なんて悔しく
思ったりもしましたが、何はともあれ朝市もろもろの忙しい8月の密着取材。
無事に終わってよかったです。