今週末の原村朝市

今週末は諸事情によりお休みさせていただきます。
が、日曜日は店主不在ですが出店します。
一番の人気‘つみたてgardenブーケ’は、ひと束ひと束入っている草花やペーパーの色が違います。
それはわざと、ではなく、庭と畑を一回りして、ちょうど良く咲いているものだけをかき集め、その中から似合うもの同士を組み合わせているので、それぞれが違った雰囲気に仕上がっているんです。毎回最高でも10束ほどしか作れない貴重なブーケです。あれこれ見比べてお気に入りのひと束を見つけてくださいね!

灼熱の塩尻

みなさんのお住まいの地域もそうでしょうが、連日の酷暑が続いています。
夏バテしていませんか?
標高750mの塩尻とは思えないような暑さ。いつもの夏なら、窓を開けて眠る熱帯夜なんて数える程度ですが、この夏はほぼ毎晩あちこちの窓を開けないと寝つけません。それでも、古民家のありがたさはエアコンがなくても過ごせること!特に塩尻・松本は日本でもトップクラスの日射量。照りつける太陽の日射しはまさに灼熱で、溶けてしまいそうです。そんな中、山屋の夏野菜たちは順調に収獲できており、日々その恵みを味わうことが最大のパワーチャージだと感謝しながらいただいています。

記録的な暑さ続きかと思えば、県内では、大雨、突風、雹、浅間山の噴火、昨夜は竜巻注意報もでる始末。毎日、どこかしらで何らかの気象災害のニュースが聞こえてきます。これからは台風シーズン。大きな被害がないことを祈っています。

今週末の予定

遅ればせながら、今週末の予定をお知らせします。
お日様と縁遠い日々。毎日天気予報とにらめっこ。
今週末は、お日様パワーは期待できないものの、曇り予報になりました。

20(土)原村高原朝市 6:30-8:30
21(日)原村高原朝市 6:30-8:30/LABORATORIO(松本)マルシェ 11:00-15:00頃

今年の梅雨には、本当に滅入っています。
庭の花や野菜も腐ってしまいそうなほど、地面が乾く間もない7月。
それでも、健気に咲いてくれている草花や、キュウリ、ミニトマト、インゲン、ナスなどの夏野菜、悲しいかな、梅雨時に収穫期を迎えるラズベリー…庭と畑の恵みに感謝しています。

Annabelle

アナベル(アメリカノリノキ)は、アメリカで発見された自生のアジサイの変種をオランダで品種改良したもの。信州ではもちろん、北海道でもよく育つ耐寒性の強い植物です。
アジサイよりも細かい花の集まりは大きいものでは直径30㎝ほどになるものも!グリーンの蕾→白い花→再び鮮やかなグリーンに変わり自然とドライになってゆくので、三度楽しめる花木で、今が一番の見ごろ。アナベルが植わっているだけで、このジメジメした梅雨時でも清々しくインパクトのある庭になります。頭が重い分、これからの雨風には用心しないと倒れやすいのですが、あえて囲ったりはせず、草姿の美しさを眺めています。
梅雨の晴れ間の美しい夕焼けとのワンカット。
花言葉は‘ひたむきな愛’

JULI 7月

7月の始まりです。
梅雨の時期とバラの開花期がずれていたらなぁと毎年嘆きながらも
この季節もしっかりと堪能しています。
バラの花もいよいよ終わりに近づいています。


赤→ピンク→白の不思議な色の変化‘レダ’

草姿は逞しく、花はエレガントなクオーター咲き‘ホワイトメイディランド’
こちらも杏色から白に変わるスプレー咲きのつるバラ‘スノーグース’
と純白の‘マダム・アルディー’

ハツドリ夏野菜

ご近所さんよりだいぶ遅れてスタートした山屋の畑ですが、夏野菜とれ始めました!
いつも病気が入ってダメになってしまうズッキーニも今のところ順調。
ミニキュウリたちは続々なっており、第一果目のナスたちは、株に栄養を少しでも回すために、小さくてつやつやしているうちに収穫。リーフレタスやラディッシュは鮮やかなサラダに。
やはり、目の前の自分の家の畑でとれた野菜を味わうことのできる食卓。そこにはこの上ない喜びと美味しさがあります。見て、触って、味わって。体内からパワーチャージ!

庭が最も美しい季節

一年のうちで、山屋の庭が一番美しいのが今です。
というのも理由はいくつかあり、まずは、ようやく宿根草も花木も逞しく茂ってきて、フルメンバーが出揃ったところだということ。それから、バラが毎年ちゃんと花をたくさんつけて咲いてくれる時であったり、キャットミントなどのハーブ、宿根草の花たちも虫たちを誘って華やか(色合いはシックでも)に咲く時期であること。それから、最大のポイントは、原村の朝市(7月半ば~9月いっぱい)が始まる前で、まだなんとか手入れが追い付いている時であること。これで、梅雨の雨が続きバラが惨めになったり、梅雨明けの気温上昇とともにますます植物は勢いよく茂り、それに負けじと雑草も頑張り…そんなこんなで朝市の長距離マラソンが始まって…といった具合に、そのうち手が回らなくなってしまうのが毎年のことです。


昨日は、夕方奈良から友人が訪ねて来てくれました。安曇野方面の家族旅行の途中でほんのひととき寄ってくれたのですが、庭がなおさらキレイに見える西日マジックの時間帯だったこともあり、「よい時間を過ごせた」と、とても喜んでくれて良かった。

*今週末、日曜日の山屋ガーデンブーケ作りワークショップ、まだ空いてます!
お天気はどうやら梅雨空のようですが、豊かな時間を過ごしていただけたらと思っています。
詳しくは、数日前のブログ記事をご覧ください。

フタマタイチゲの小路

山屋の庭の、お気に入りの場所のひとつです。
生ゴミをコンポストに捨てに行く時にも通る小路。
スイカズラとアケビ、ホップのアーチをくぐると、両脇にラズベリーやフタマタイチゲなどがお出迎え。またその先には、ブラックベリーのアーチと西洋ニワトコの木が待っています。


6月の山屋ワークショップ

6月最終日に山屋の庭でワークショップ開催します!
半ば諦めていましたが、この日を逃したら夏に突入し、実現できない予感。
相変わらず急なお知らせで申し訳ありませんが、お申込みお待ちしております。

山屋の庭が一番美しい季節。
gardenのご案内と、ハーブや何種類もの草花で作るガーデンブーケ作り。
自家製パンと、とれたてサラダの軽いガーデンランチでおもてなしいたします。

 

【6月の山屋gardenワークショップ】
●6/30(日) 12:00〜15:00頃まで
●お一人様 4500円 (自家製パンとのgardenサラダランチ込み)
●定員6名様
●場所: 塩尻市宗賀 (お申し込み頂いた方に詳細お知らせします)
●屋外で行いますので汚れても良い靴、帽子、温度調整できる服装などご準備ください。

*我が家には小型犬(ジャックラッセルテリア)がおりますのでご了承下さい。

お問い合わせ・お申し込みは
MAYU.YAMAMURA@atorie-mayu.com (全て小文字に直して入力してください)
メールの返信が3日以上来ない場合は恐れ入りますが再度お送りください。