車山親子トレッキング

先月末、車山親子トレッキングに参加してきました。
午後から雨予報で、頂上でパラリと降られましたが、歩いている最中はちょうどよい曇り。
スイスを思い出させる目の前に広がる光景は何度見ても美しい。


すっかり秋の気配でしたが、遅咲きのマツムシソウを数輪みつけました。
鹿の足跡や歩いた道を探したり、動物のフンや虫を観察しながらのんびりと。


また、昨夜から激しい雨。ようやく雨は止み、霧に包まれています。
被災地の状況、心配です。絶望感、恐怖心を抱えながらの日々を思うと胸がつまります。
どうかこれ以上の被害がないこと、切に祈っています。

台風19号が去り

また、悲惨な災害のニュースに心が痛みます。
皆様の地域は大丈夫でしたでしょうか
県内でも千曲川の氾濫、東北信や各地では大きな被害があり、高速道路も大月から先の復旧見込みがなく、あちこちで交通機関も麻痺状態が続いています。塩尻市は大したことがなく済み、庭も畑も被害ゼロで申し訳ないような気持ちになります。
気温もぐっと冷え込んできたので、本当に一日も早く水が引いて復旧作業が進むこと、早く温かい住まいにもどれることを祈っています。
写真は先月オーダーで作ったお悔やみの生花リース

霜注意報

早くも今朝は霜注意報が発令。
気温も7℃なんて言っていました。
残暑が続き、つい最近まで半袖でいられた分、ここへきて急に秋を通り越していきそう。
それでも、日中は20℃を上回り、脱ぎ着に忙しい時期です。

恐る恐る庭を見ると、山屋のあたりは霜が降りなかったよう。
毎年10月中には、この美しいダリアが、ある朝霜でパタリとダメになってしまいます。
それがいつかといつもハラハラしながら、今が一番美しく咲いている花を楽しんでいます。

朝市フォトアルバム

まだブログに載せていなかった朝市最終週での写真。
ちょっと季節は過ぎてしまいましたが、せっかくなのでご紹介します。

常連さんからのオーダーでお作りしたラベンダーだけのリース。
かなりの本数のラベンダーをふんだんに使って作ります。

ダリアは晩夏から初秋にかけて、一番美しいように思います。
ワイン色のダリア黒蝶は山屋の定番。

9月の朝市にはカボチャがお似合い。ドライとも、多肉植物とも合います。
自分で育てれば良いのですが、ついつい食べて美味しいカボチャ優先で…
不思議な色のは‘会津菊南瓜’?毎年松本の直売所に出荷される方がいて、ディスプレイ用に買っていましたが、ねっとりしていてとても美味しいそう。白やグリーンなどカラフルなオモチャカボチャは茅野の直売所で、こちらも毎年。

秋の空気

不思議なもので、先週あたりから、急に手や唇が荒れやすくなりました。
秋の空気。夏にくらべ温度は低いのに乾燥していて、やけに喉が渇きます。
そして、降りそうで降らない雨!畑も庭もカラっカラで、鉢植えの鉢だって、日射しがあれば朝やってもまた午後にはしっかり乾いてしまい気の毒なくらい。今日は畑の作物にもじょうろで水をやったり、洗車したり(密かな雨乞い)したおかげか、夕方ひと雨降りました!葉水程度でも、ありがたい雨でした。


原村朝市終わりました!

今シーズンも、嬉しい悲鳴をあげながらもなんとか体調不良でお休みすることもなく駆け抜けることができました。早朝の朝市を目指して買いにきて下さるお客様、「そこにあなたがいるから頑張れる」と思えるような、個性豊かで楽しい出店者のみなさん、陰で山屋を支えてくださった皆様、いつも会場のすぐ下のペンションで全面的に協力してくださったご夫婦(我が家の愛犬シュピナートの双子の兄弟を飼っている)…本当にありがとうございました!多くの喜びや楽しみ、出会いと感動、日々そうした刺激を受けながら7月半ば~約二ケ月に渡る長距離走もフィニッシュ。毎年のことですが、ホッとする気持ちと、なんだか寂しい気持ちが入り混ざっています。さて、これで大好きな秋本番!大好きな栗の季節の到来です。


次の出店予定は来月第三日曜日の松本ラボラトリオさんのマルシェまでなく、gardenブーケも霜や寒さ次第ですが、秋のマルシェはまたいいものです。ぜひお越しください。

原村高原朝市最終週

ついに、原村の朝市も今週末で終わります。
よりによって、三連休だというのに傘マークづくしの天気予報。今週末が運動会というところも多く、本当に残念です。がまだ、予報段階ですので、かすかな望みに期待して。


garden山屋のミニブーケ/工房ちせさんの丁寧な木工品

カナディアンファームの個性的なお店と、見ているだけでも食欲が湧いてくるカラフルで楽しいお野菜や自家製パンのサンドウィッチ。

今のところ、garden山屋は22(日)23(月)出店予定ですが、お天気により変動しそうです。
また、今期で出店最後になるかも、とにおわせておりましたが、多くの皆様の「やめちゃダメ」というありがたい声をいただきました。それから朝市をやってみると、笑ってしまうほど目まぐるしいのに、個性豊かな出店者さんや、多くの常連さん、新しいお客様との対面販売ならではの関わり合い、しっとりと静かな森の中での活気ある早朝の空気感…あの場に立つと、やはり「いいなぁ」と実感します。それから、「そんなことでやめちゃうの?」という息子の反対?もあり、日数は減らすかもしれませんが、出来る限り来年も出店しようと思っています。

厳しすぎる残暑

9月とは思えない暑さがまだまだ続いています。
3年ぶりに関東に上陸した台風の被害もあり、本当に毎日天気予報が気になるこの頃。
塩尻でも、連日夕食後の気温が25℃もあり、真夏並み。9月なんて、夜犬の散歩に出るときには一枚羽織らないといられないのに、異常です。夏のように夕立もないので、畑も庭も鉢植えもカラッカラで、一日に一度の灌水では足りません。まいたばかりの野菜の種もちゃんと出てきてくれるかハラハラしています。週後半は少し秋らしい気温になってくるとか。爽やかな秋を期待しています。

日曜日は、地区の子ども神輿。真夏日の中を一日ついて歩き、さすがに疲れました!
今週末は運動会!夏のつかれが出る9月は、毎年行事も盛りだくさんで体力勝負です。

さて、そんなこんなんで今週末、三連休の原村朝市予定は
14日の運動会がお天気に恵まれれば、15(日)16(月)の二日間出店します。
残り少ない朝市。皆様のお越しをお待ちしています。