待望の雪

ようやく降りました!
塩尻市宗賀での観測は一晩で16センチ。
やっぱり、この景色がなくして信州の冬を満喫できません。けれど、今日の予報は晴れて10℃まで上がるそう。スキー場の喜びも束の間でしょうか。

Mamma journal

明日1/23(木)発売のMamma journalに載せていただきました。スタッフ全員ママさんという、諏訪圏発の折り込み新聞。一見風合いのある英字新聞ですが、めくると日本語で、毎回対談形式でクローズアップした人×人の魅力が、美しい写真と文章により引き出されています。 サブタイトルは、‘私たちの経済新聞’「自分たちが読みたい新聞を作ろう!」と、子育て中のママの社会参加を応援するママ育プロジェクト事業のひとつとして2018年5月にスタート。「こんな新聞、毎週ほしい!」と思うようなセンスの良い新聞です。岡谷市民新聞、下諏訪市民新聞、諏訪市民新聞、茅野市民新聞、たつの新聞、みのわ新聞、南みのわ新聞の折り込み新聞で、通常第三木曜日発売(1月は第四木曜日)同地域のコンビニでも購入できるようです。今回は、子育てをしながら花に携わるものの一人として、とても素敵な女性と居心地のよい空間で対談させていただきました。諏訪圏以外の方のために、後日また写真をアップするつもりです。お楽しみに!

1月のコンテナガーデン

月曜日は大寒。一年のうちで最も寒い期間であるはずですが、相変わらずの暖冬傾向で今朝のラジオで「長野県北部や東部で雪」とラジオで言っていたのが新鮮なほど。今シーズンの塩尻では積雪と言える雪は一度だけ、最低気温も氷点下7℃(通常1月は10℃以下になることもしばしば)まで下がった日があったくらいです。氷点下の時でも、雪の下の地面はおおむね0℃が保たれるということで、過酷な冬をじっと耐えて乗り越える植物にとっては、覆いかぶさった雪がお布団代わり。雪が積もっていないと、凍って死んでしまったり、鹿や兎などに食べられてしまったり、と心配なこともあるわけです。けれど、例年以上に生き残り組の鉢植えも多く、山屋の玄関先はシックな葉ボタン・シキミア・ビオラなどのコンテナガーデンがいい表情を見せています。

三九郎2020

連休中日の12日はこの地方独特の呼び方である三九郎(どん度焼き)でした。
この火で炙ったまゆ玉を食べると、風邪をひかない。
書き初めを燃やすと、字が上手くなる。
三九郎の火にあたれば若返る。
高く火の粉が舞いあがるほど今年は豊作。
そんなふうに言われている火祭りです。
ミカンも焼いて食べると風邪ひかない、と言われていたとか。
手作りのまゆ玉に、マシュマロにみかんに、盛りだくさんの枝もって、
朝からリアカーをひいて松飾りや達磨の回収をした息子も足取り軽く。
無病息災。豊作祈願。今年もよい年でありますように!

ようやく

クリスマス~お正月飾りの制作やワークショップ・マルシェの怒涛の日々が終わり、
慌ただしい年末年始も過ぎ去り、一年のうちでも、ほんの少しだけゆっくりできる時期です。
毎年、年の暮れにお誕生日を迎える方へのプレゼントで、フレッシュリースを作っています。
今回は、ワイン、淡いピンク、濃淡のムラサキなどの花を散らしたケーキのように仕上げました。

*お知らせ*
今年最初のマルシェ。1/19(日)11-15頃
松本LABORATORIOさんでのマルシェです。
あたたかくしてお出かけください!
皆様のお越しをお待ちしております。

2020/1/10

あっという間に新しい年も10日経ちました。
こんな調子じゃ、今年一年も風に飛ばされるように過ぎてしまいそう。
明日は鏡開き、明後日はこの地方のどんど焼き(三九郎)で松飾りや書き初めの半紙を燃やします。昨日の信州は各地で15℃程まで気温が上がり、3月~4月上旬並みの暖かさ。県内3地点では1月の観測史上最も高い気温となったそうです。低気圧の影響で、気持ちの悪い生ぬるい嵐となり、カラスもよろめくほどの強風でした。一昨日は雨で、この数日は3月のような陽気。そのおかげでまた雪不足のスキー場にとっては、まさに泣きっ面に蜂だったのではないでしょうか。いままでにない雪不足の県内のスキー場。それでも今日は隣村にある人工雪のスキー場で、学校のスキー教室が無事開催され、ホッとしています。
そんな信州の様子、農あるくらし、植物・農作物についてなどこちらにも綴っています。
興味のある方はこちらもどうぞ!
長野県農ある暮らし相談センターFACEBOOK

2020年

2020年の幕が開けて、早一週間。
遅ればせながら、本年もどうぞよろしくお願いいたします。
2020年という年が、どうか平和でありますように。
みなさまにとって、実り多きよい一年となりますように。

さよなら2019

例年通り、いや例年以上に、どたばたの年末です。
今年も東京でお年とり。
やり残した事がありすぎて、後ろ髪引かれながらの出発。
それでも黒豆とお餅だけは手を抜けません。
それでは、みなさまよいお年を!

Frohe Weinachten 2019

盛岡のフレンチ‘シェ・ジャニー’さまへクリスマスプレゼントのご注文をいただきました。
ハーブがご希望だったので、変わった大葉のセージやユーカリ、ダスティミラーなどを使ったシンプルでありつつボリューミーなリースを。blogにのせてくださった通り、味わいのある木のドアにピッタリ!こういったひとつひとつのモノ作りを通した感動や出合いがやりがいを与えてくれます。一度はお訪ねしないと!

DSC_5467 (640x420)

辰野トビチマーケット

12/7(土)に行われたイベントの様子です。
「南信州・辰野町の下辰野商店街の空き店舗が、ワクワクするお店に変わる1 日限定のマーケット!空き地・空き店舗16箇所を使って、おしゃれで素敵なお店が、日本中から50店舗以上が大集合します!ご飯屋さんや雑貨屋さん、本屋さんにクラフト作家さん。cafeに服屋さん。この町がこんな風だったら面白い、をみんなでつくる。それが 10 年後に実現していることを目指して。」ということで、普段シャッター通りの商店街が、これほど活気づいて楽しい場になるとは驚きでした。またこれを機に、辰野がどんどん面白くなってゆくのだと確信しました。次のイベントが楽しみです!